npkan1
Back to HOME
公園入園料徴収事務所・カトマンズ
Entry Fee Counter: Kathmandu
公園入園料徴収事務所・カトマンズ(Entry Fee Counter: Kathmandu)
'08/7/16からネパール観光局(NTB:ブリクティマンダプ
map、オールドバスパーク南側)内へ移転。


  一般的なトレッキングエリア(アンナプルナ、ランタン、エベレストなど)は
現在トレッキング許可証は必要ありません
 トレッキングエリアが国立公園(ランタン、エベレストなど)の場合、国立公園入園料(Rs.1000)が必要です。
 トレッキングエリアが保護区(アンナプルナなど)の場合、保護区入域料(Rs.2000)が必要です。
 下記の事務所で手続きできます。エベレスト、ランタンコースでは現地の公園事務所(エベレストコース:モンジョ〜ジョルサレ間
 ランタンコース:ドンチェとクツムサン/ヘランブ)でも支払い可能(要パスポート
*)です。
              
旅行社にトレッキングの手配を依頼した場合は旅行会社が手続きを代行してくれます。

images1
images2
◆公園入園料金(国立公園・保護区 map )

国立公園入園料:ランタン、サガルマータ(エベレスト)、ララ湖など
1000ルピー(2001/01/01改正)
上記以外の国立公園は現地払い(ゲート)で。

手続き:写真は不要でした。(2004/7/22)が、念のため準備していきましょう。
トレッキングエリアの費用(お金・ルピー)+パスポート

保護地域入域料:アンナプルナ(ACA)、マナスル(MCA)の山域
外国人:2,000ルピー(2001/01/01改正)サーク諸国人:200ルピー

手続き:写真2枚(3.5Wx4.5H)が必要です。(2005/5/15より)
トレッキングエリアの費用(お金・ルピー)+パスポート+写真2枚+申請用紙
申請用紙(申請用紙+許可証がセットになっています)は窓口に準備されています。

カンチェンジュンガ保護エリア(KCA)は1,000ルピーです。
ここでも現地(タプレジュン)でも支払いが可能です。

◆トレッキング許可証(パーミット)の手続きは出入国管理事務所(イミグレ)で行います。上記事務所では手続きは出来ません。通常、旅行社経由で手続きをします。
必要なエリアはムスタン上部、南・北ドルパ、マナスル、カンチェンジュンガ、
フムラ(シミコット)などが必要です。

トレッキングに必要な許可証について
トレッキング許可証の必要なエリアと費用
Look 出入国管理事務所(イミグレーション オフィス)(英語)
国立公園・保護区 情報 (英語)

保護地域・国立公園入園料事務所 (ENTRY FEE COUNTER KATHMANDU)
images3
事務所はタメルのヒマラヤン銀行本店のあるサンチャイコシビル1Fの中庭側にあります。地図を参照、クリックして下さい。(2004年地階から1階へ移転)

営業時間:2月〜11月中旬
9:00〜17:00
営業時間:11月中旬〜2月
9:00〜16:00
土曜日は休日

インフォーメイションセンターも
併設されています。

カトマンズ :
The National Park/ACAP Office

(Tel 01-4225393、4225363)

ご注意!
 
ACAP(アンナプルナ・コンサーべーション・エリア・プロジェクト) feeは必ずカトマンズかポカラのACAPオフィスで
手続きをしてエリアに入りましょう。
未手続きですとRs.4000徴収されます。(ペナルティRs.2000/アンナプルナ山域の場合)

 エリアによっては国立公園入園料と保護区入域料、両方必要なところがありますしトレッキング許可証も必要な場合があります。
「マナスル一周」は
マナスル保護区入域料アンナプルナ保護区入域料とトレッキング指定エリアですのでトレッキング許可証
必要です。「ダウラギリ一周」の場合は
アンナプルナ保護区入域料だけが必要です。不明な点はカウンターで確認を。
 トレッキング許可証で不明な点は イミグレーションオフィスで確認あるいはトレッキング会社で確認します。

 トレッキング中にパスポートは必要か?

 国立公園入園料をカトマンズで支払い済みの場合、エベレスト街道は「パスポートのコピー」で問題ありませんでした。公園事務所でチェックを受けますが「パスポートのコピー」を見せればOKです。コピーは「パスポートの写真の部分」と「ネパールビザのページ」が必要です。公園事務所(ジョルサレなど)で支払う場合は経験が無いので不明です。担当者によって対応が異なる場合があります。

公園入園料徴収事務所・ポカラ
Entry Fee Counter:ACAP office: POKHARA link
images4

ポカラ:ACAP Office
(Tel 061-532275)

 ダムサイド近くのイミグレーションオフィスがある一角に2004年9月に移転しました。移転に伴いKEEPのポカラ事務所は閉鎖されました。ラストラ・バンク・チョクから歩いて5分位の距離です。

images5
トレッキング許可証等の規定や金額は変更される場合があります。現地で最新の情報をご確認下さい。
Tue, Feb 3, 2015 更新
Back
Copyright