npkan01
Back to HOME
制限エリア(Restricted Areas)地図
Restricted Areas:入国管理局発行のトレッキング許可証が必要なエリアで一般のトレッキングが制限されている
政府認定トレッキング会社(TAAN加盟会社)経由で申請、グループ(2人以上)のみトレッキング許可証発行
2008/1/1から導入されたTIMSは指定エリアは不要です。2015年から必要になる。登山者も必要に。
No.
トレッキング許可証が必要なエリア名 
トレッキング許可証・費用(1人分)
入園料・入域料
山域・地名
郡名
1
アピ・ヒマール
ダルチュラ郡**
最初の7日間はUS$90で8日目からUS$15/日
*
2
サイパル
バジャン郡
最初の7日間はUS$90で8日目からUS$15/日
*
3
シミコット〜ヤリ(カイラス トレッキング)
フムラ郡**
最初の7日間はUS$50で8日目からUS$7/日
*
4
カンティ・ヒマール
ムグ郡
最初の7日間はUS$90で8日目からUS$15/日
*
5
アッパー(北)ドルパ
ドルパ郡
最初の10日間はUS$500で11日目からUS$50/日
*
6
ロウア(南)ドルパ
ドルパ郡
1週間US$10
*
7
ムスタン(ローマンタン)
ムスタン郡**
最初の10日間はUS$500で11日目からUS$50/日
ACAPfee
Rs.2000
8
マナン奥地(Nar, Phu, etc...) (Nar,Phu)
マナン郡
1週間US$ 90:9月〜11月
1週間US$ 75:12月〜8月
ACAPfee
Rs.2000
9
マナスル:(ラウンド マナスル)
ゴルカ郡
1週間US$ 70:9月〜11月、8日目からUS$10/日
1週間US$ 50:12月〜8月、8日目からUS$7/日
MCAPfee
Rs.2000
シルディバス〜チューレ(サブ コース)
ゴルカ郡
8日間US$ 35:9月〜11月
8日間US$ 25:12月〜8月
MCAPfee
Rs.2000
10
Thuman と Tingure(ガネッシュとキーロン方面)
ラスワ郡
1週間US$10
Rs.1000
11
ロールワリン(Lamabagar,Beding,Na, Tso Rolpa)
ドラカ郡
1週間US$10
12
ターメ〜ナンパ・ラ国境
ソルクーンブ郡
1週間US$10で5週間目からUS$20/週
Rs.1000
13
ハティア〜キマタンカ国境
サンクワサバ郡
1週間US$10で5週間目からUS$20/週
***
14
カンチェンジュンガ
タプレジュン郡
1週間US$10
KCAPfee
Rs.1000
赤字は2008年7月16日から改定
全エリア(1〜14) TAANのサイトでは主要な6カ所だけ記載していますが14エリアあります。
グループ(2人以上)のみ許可。
ネパール政府が認めた 指定トレッキング代理店で申し込む必要があります。
手続き(トレッキング会社が行います)
出入国管理事務所で行います。
申請書+写真2枚+パスポート+費用
場所:マイティガル・マンダプ GO to MAP
受付9:00〜16:00
受け取り9:00〜14:00(どちらも昼休みあり)月曜日〜金曜日
入国管理局はブリクティマンダプからマイティガルへ移転
(詳細はリンク地図・MAPでご確認を)

*
通過、滞在エリアが保護区の場合Rs.2000、国立公園の場合Rs.1000の入域・入園料が
別途必要になります。
支払い事務所(
タメルから移転:地図参照) エントリーフィーカウンターあるいは現地公園オフィスで確認。保護区・国立公園 GO to MAP

ACAPfee(アンナプルナ保護区入域料) MCAPfee(マナスル保護区入域料) KCAPfee(カンチェンジュンガ保護区入域料)

**
リエゾン・オフィサーの同行が条件です。費用はトレッカー負担。現在は3地域のみでマナスルは同行が不要になった。
2003年8月リエゾン・オフィサー制度が3地域も廃止になりました。多少負担が減ります。2010年制度復活!map ソース

リエゾン・オフィサー制度は反対が多く復活は中止される見込み。2010年4月16日 eKantipur
***
マカルーエリアの場合はツムリンタール飛行場からマカルーB.C.へ行く場合はマカルーバルン国立公園入園料が必要です。ハティア〜キマタンカ方面へ行かなければトレッキング許可証は不要です。
費用参考例 (指定エリア以外はTIMSが必要です)
エベレストコース:サガルマータ国立公園入園料(1000ルピー)のみ必要です。個人のビデオは無料です。業務用は有料。
トレッキング許可証(イミグレ手続き)は不要です。
アンナプルナコース:アンナプルナ保護区入域料(ACAP フィー 2000ルピー)のみ必要です。
トレッキング許可証(イミグレ手続き)は不要です。
ランタンコース:ランタン国立公園入園料(1000ルピー)のみ必要です。荷物(ビデオなど)の持ち込みのチェックあり。
トレッキング許可証(イミグレ手続き)は不要です。
ゴサインクンド:ランタン国立公園入園料(1000ルピー)が必要です。
トレッキング許可証(イミグレ手続き)は不要です。
マカルーBCへ行く場合:マカルー・バルン国立公園入園料(1000ルピー)だけが必要です。
トレッキング許可証(イミグレ手続き)は不要です。
カンチェンジュンガ山域:トレッキング許可証費用(10ドル/週)+カンチェンジュンガ保護区入域料(1000ルピー)
政府指定のエージェントで2名以上のグループで申し込む必要があります。入域料は現地(タプレジュン)で支払い可能。
ヘランブー周遊:ランタン国立公園に一部入ります。入園料(1000ルピー)が必要です。シバプリ国立公園を通過する場合は
入園料(250ルピー/外国人)が必要です。シバプリ国立公園へのビデオの持ち込み料は3000ルピーです。(2001年の時点)
シバプリ保護区は2002年に国立公園になりました。入園料は変更されていないようです。
トレッキング許可証(イミグレ手続き)は不要です。
マナスルコース:ラウンドする場合はACAPエリアを通過しますので上記費用+ACAPフィー(2000ルピー)が必要です。サブコースも行く場合は別途費用が必要です。
ダウラギリコース:ACAPエリアを通過しなければ必要な費用はありません。普通はマルファorトゥクチェで
アンナプルナコースに入りますのでACAPフィー(2000ルピー)が必要です。
トレッキング許可証(イミグレ手続き)は不要です。ダウラギリエリアを保護区にする動きがみられます。
トレッキング許可証等の規定や金額は変更される場合があります。現地トレッキング会社で最新の情報をご確認下さい。
更新日 Mon, Mar 30, 2015
Back
Copyright