npkan01
Back to HOME

インド観光ビザ(査証)郵送取得

カトマンズでインドビザが取得出来ますが結構面倒ですし、日本と同じ6ヶ月マルチプルビザが
取得出来るかどうか分かりません。長期の旅行日程でなければ日本で取得して出掛けましょう。

カトマンズの場合、インド大使館手前右側にあるインドビザサービスセンターで取得します。

特記事項
 2015年4月1日インドビザ申請センター日本語サイト
 2015年4月1日からインドビザ申請センターが変更される。
  3/27以降の郵送申請は変更先へ送付。
在日本インド大使館
 2014年11月27日からニューデリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタなどの国際空港でのアライバルビザの
  発給(条件:1年間に最大2回で申請時2ヶ月間の間隔が必要)システムを事前申請方法に変更した。
  が可能に。30日シングル、料金は60米ドル(クレジットカードorデビットカード払い)。
  map 在インド日本大使館(日本語) map 申請手続き(インド内務省)
 2013年4月「郵送サービスの流れ重要事項8.申請手続き確定後に4項目がEメールで自動配信されるmap郵送サービス
 2012年12月13日郵送申請者はEメールアドレスの記載厳守。2013年1月2日からメール連絡対応だけに。
 2012年12月4日ビザ2ヶ月ルールは一部国籍者を除き撤廃された。インド政府
 2012年11月25日未確認情報。ビザ2ヶ月ルール廃止。26/11 visa curbs eased
 2012年11月1日ビザ窓口申請の所要日数が変更になった。map 窓口申請所要日数 map 郵送申請所要日数
 2012年5月28日郵送申請サービス利用の場合、オンライン申請入力が完了しましたら、入力日を含めて
  3日間以内に郵送して下さい。それ以上過ぎますと、処理できない場合がありますので、ご了承下さい。
」という
  注意書きが掲載された。
 2012年4月16日インドビザオンライン申請の日本語説明ページが出来た。map オンラインビザ申請について
  ビザ申請pdf書類にオンライン(AP IDを入力すれば呼び出し可能)で記入して申請日を選択してクリックで
  確定されるということ。手続きは窓口(確定申請日)も郵送も以前と同じと思われるが、郵送の場合は郵便到着以後の
  申請日にしないといけないと思われるが…。その辺りの記述はないが実際にやってみれば大丈夫でしょう。
 2012年3月27日インドビザオンライン申請サイトへのリンクが出来た。英語ページからリンクあり。日本語ページ
  からはリンクが設定されていないので日本人は対象外?利用方法は? map オンライン申請ページ
 2011年5月2日(月)午前受付より200円のサービスチャージが加算される。
 2010年1月1日からニューデリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタの国際空港でアライバルビザの発給(条件:
  1年間に最大2回で申請時2ヶ月間の間隔が必要)が可能に。30日シングル、料金は60米ドル(or相当インドルピー)。
  2011年も継続中。map インド内務省(英語) map インド外務省(英語) map 在日本インド大使館(日本語)
 インドビザは2007年11月から在日インド大使館より外部委託されたインドビザ申請センター(IVAC):ジャパン・オーバーシーズ・コーポレーション(JOC)がビザ発給手続き(窓口業務・郵送サービス)を担当しています。
郵送申請手続き
在日インド大使館サイトIVAC(JOCのサイト)に詳細な手続きの説明が日本語(英語表示の
場合は右上の日本語をクリック)で書かれていますので先ずはそちらをご覧下さい。
書類送付先(2015/3/27〜変更):〒105-0014
    東京都港区芝3-40-4 三田シティプラザ1F
    インドビザ申請センター
郵送サービス 御中
    TEL:03-6453-8371 FAX:03-6453-8372
所在地のGoogle ストリートビュー外観画像   
郵送書類
通常観光ビザ(6ヶ月マルチプルビザ)申請書類
1.オンライン申請フォーム 3枚 map 申請書記入サンプル(1) map 申請書記入サンプル(2)
2.写真(枠無し50mm×50mm) 1枚 写真の仕様(要ご確認)
3.返信封筒(住所宛先記入、返信切手560円分貼付) 1通 パスポートが入る郵便封筒
4.ビザ取得費用(下記内訳) 2,135円 近畿以西地域(三重県含む・沖縄県除く)は+500円
 4.1 通常観光ビザ費用(6ヶ月マルチプル) (1,200円) トランジットビザ(150円)以外は1,200円
 4.2 JOC手数料(税込) (735円) 外部委託費用
 4.3 サービスチャージ (200円) 2011/5/2より加算された費用
5.パスポート(未使用見開き2ページ以上必要) 残存有効期間6ヶ月以上、カバーは外して送付
6.必要書類(観光ビザTの必要書類を参照) 書類は全て英語表記のこと
2ヶ月以内再入国可能ビザ(滞在日数合計60日3回再入国可能)申請書類廃止
上記書類・現金を現金書留で郵送する。(現金書留封筒20円は郵便局などで購入)
 
基本郵便料金:定形外100gまで140円+現金書留郵送料は補償が1万円まで420円、2万円まで440円です。万一紛失した場合パスポートの再発行費用が出る補償金額にしましょう。
 返送料は
560円(定形外100gまで140円+一般書留郵送料420円)で10万円まで補償。map 郵便料金
所要日数 在日インド大使館サイトでは東京管轄内日本人15日間、大阪管轄内日本人25日となっています。
受領後
 パスポートの確認(ビザシールのパスポート番号や名前の確認など)をして同封されている受取通知書をファックスします。
各国のインドビザ申請センター情報(リンク)
日本人に対しては空港でアライバルビザを取得するようにと言われる場合があります。
上記内容は変更される場合があります、最新の情報は在日インド大使館JOCでご確認下さい。
郵送申請書類・金額等の質問は電話(03-5978-3910)かメール(indiavisaatjapan@yahoo.co.jp)で。
Thursday, April 2, 2015 更新
Back
Copyright