npkan01
Back to HOME
観光ビザ:ネパール入国にはビザが必要です

2013年12月よりオンラインビザ申請が開始 本格稼働は2014年1月より(空港に申請機あり)

1:ビザ目的(ツーリストビザ、トランジットビザなど)の申請ページにて画面上で記入
2:自己写真をアップロード
3:送信
4:送信後受付メールが送られてくるのでそれをプリントアウトする。必要書類を準備
  (申請書類は15日間、入国管理局に保存されているのでその間に入国手続きを行う)

5:空港(TIA)の入国管理局(イミグレーション)で「オンライン申請受付メール、必要書類(旅券など)、ビザ料金」を提出
6:10分で申請処理が完了する見込み(だが待ち時間はアライバルビザの行列に付くので同じ:2014年3月情報)

日本で事前取得在東京ネパール大使館・在大阪ネパール名誉総領事館・在福岡ネパール名誉領事館
入国時取得(アライバルビザ):空路トリブヴァン国際空港TIA ・陸路国境(下記7カ所New
(1)カーカルビッタ:ジャパ郡 (2)ビルガンジ:パルサ郡 (3)コダリ:シンデュパルチョク郡 (4)ベラヒア(スノウリ):バイラハワ:ルパンデヒ郡 (5)ジャムナハ(ネパールガンジ):バンケ郡 (6)モハナ(ダンガディ):カイラリー郡 (7)ガッダ チャウキ(マヘンドラナガル):カンチャンプル郡

観光ビザ料金 (2008年7月16日改定:観光ビザはマルチプル<数次>タイプだけになった)
ビザの種類
滞在可能期間
入国時取得ビザ料金(空路・陸路)
事前取得ビザ料金
東京・福岡
マルチプルエントリー
滞在可能期間内であれば
何度でも出入国が
可能なタイプ
15日間
25USドル(同等の他通貨)
3,000円
3,300円
30日間
40USドル(同等の他通貨)
5,000円
5,500円
90日間
100USドル(同等の他通貨)
12,000円
13,200円
10歳以下の子供はビザ費用無料。
ビザ年(西暦の1月1日〜12月31日までの1年間)に滞在できる日数は最大150日間です。 
2010年空港取得の40US$ 30日間ビザ
2009年空港取得の100US$ 90日間ビザ
2006年日ネ国交樹立50周年記念無料ビザ
入国に必要なモノ(空路・陸路 / 事前にビザを取得している場合はパスポート+入国カードだけが必要です)
パスポート(残期間6ヶ月以上) ビザ申請書+写真1枚(W3.5cm×H4.5cm) 入国カード お金(US$や円貨)
入国手続き方法:空港取得の場合 (2008/7/16から入・出国カードに番号が割り振られています)
 航空機内(TGの場合/シルクエアは搭乗時に渡す/配布しない航空会社もあり)で「ビザ申請書」と「入・出国カード」、「税関申告書類」を配布してくれます。それぞれ記入をします。機内で入手出来なかった場合は到着ロビーにビザ申請書・入国カード記入デスクがありますので、そこで入手、記入します。記入後「パスポート」「ビザ申請書+写真1枚」「入国カード:ARRIVAL CARD」「お金:US$か円貨」を揃えて入国審査(without visa:ビザがない人用カウンター)を受けます。まず先にお金を支払い領収書を貰います。その後にパスポートにビザシールを貼って貰います。ビザに担当者の「サイン」や「日付」が書かれているか確かめます(無い場合、出国時に問題になる可能性があります)。これで入国完了です。
 map アライバルビザ申請書の書き方(2011年のフォームでOKです。2014年2月情報)
 map 入国カードの書き方(シリアル番号が無くなった2014年2月情報) map 出国カードの書き方(2014年2月)

 1階へ降りて手荷物の税関検査を受けます。セキュリティのゲートを通ります。ビデオカメラなどがあれば申告しておきます。無税です。その後、預け荷物を受取り最後の税関チェック(荷物を検査機に通す場合もあるが日本人は殆どノーチェック)を通ります(以前は荷物にチョークで印を付けていましたが今はしていません)。観光客は殆どノーチェックです。「税関申告書類」をここで渡します(いつもノーチェックで渡さないで通過します)。出口を出るとプリペイドタクシーなどの受付があります。出迎えがない場合は利用しましょう。タメルやリングロード内は400〜450ルピー位です(夜間はアップします)。ATMも外部(到着・出発の中間ぐらい)にあります。

入国手続き関連リンク
ビザ延長について
ビザ延長手続き(イミグレーション・オフィス:カトマンズ/ポカラ)map 申請書(pdf書類)
延長期間
費用
15日以内
一律US$30相当のネパール通貨で支払い*。3日間延長でも14日間延長でも一律US$30。最小15日
16日間〜
1日当たりUS$2相当のネパール通貨で支払い。1回の延長手続きで最長60日まで可能。状況に拠る。
45日滞在の場合は30日間ビザ(40ドル)を取得して入国後15日間延長(30ドル)する。
延長手続きが出来そうもない場合(トレッキング中or面倒な場合)は90日ビザを取得しましょう。
60日間滞在の場合は90日間(100ドル)ビザを取得しましょう。入国時30日間ビザ(40ドル)を取得して
30日間(60ドル)ビザ延長すると費用(40ドル+60ドル)は同じですが1〜2日、ビザ延長手続きで時間を取られます。
15日間ビザと30日間ビザの2つ(45日間分のビザ)を同時に取得することは出来ません。
※最大滞在可能日数:ビザ年(西暦の1/1〜12/31まで)に合計150日間
*NTBの情報入国管理局(イミグレ)情報(2項e参照)では延長1日=2米ドル(同等Rs.通貨)で15日以内は一律30米ドル(同等Rs.通貨)。ビザ切れ滞在(不法滞在期間)は1日=3米ドル(同等Rs.通貨)の課徴金が必要となる。
ビザ規定変更内容2008年7月16日改定実施 (下記の無料ビザ1、2は廃止されました)
1)無料トランジットビザについて 2)再入国ビザの無料化(2003年8月4日実施/2004年3月8日改定)
1)3日以内(2泊3日)の滞在はビザが無料になりました。空港と陸路正規国境(7カ所**)で取得(スタンプ押印)可能になる。
2)ビザ年(西暦の1月〜12月)に入国、観光ビザを取得して前回の滞在期間が15日以上の場合は再入国時の観光ビザは無料にする。
無料ビザの滞在可能期間は30日間。年間120日間(最大滞在可能日数)まで。改正で滞在期間15日以上は合算が不可となる。
出入国管理局のウェブサイトの無料ビザ(Gratis visa)の説明は間違っていますのでご注意。「Any foreigner, who has lived in Nepal up to fifteen (15) days continuously, re-entering Nepal during the same visa year.」滞在が15日までではなく15日以上(at least 15 days)で無料となります。
空港税 国際線・国内線とも航空券切り込み(事前徴収:発券時支払い)になっています。
2009年3月1日よりトリブヴァン国際空港税は航空券切り込み(発券時支払い)へ変更になりました。map ソース
2013年7月16日からカトマンズ発の国内線は航空券切り込み(事前徴収)に変更されました。map ソース
空港TAX:2014年7月17日、2014年3月1日改定
TAX内容
南アジア(SAARC)以外へ出国者
SAARCへ出国者
ネパール人
Passenger Service Charge
Rs.1130
Rs.791
-
Airport Development Tax
Rs.1000
Rs.1000
Rs.1000
Tourism Service Fee
Rs.1130
Rs.1130
Rs.1130
Total
Rs.3260
Rs.2921
Rs.2130
日本円換算
(Re.1=\1.21)
+++
3945円
3535円
2578円


 
 
国内線利用時:Rs.200:トリブバン空港国内線(マウンテンフライト含)、ポカラ空港、
 ルクラ飛行場、ジョムソン飛行場、バラトプル飛行場、バイラワ飛行場など。

 VAT(付加価値税)の還付 高額なお土産などを買った場合には税金の還付が受けられます。
 税金を払った証明となる領収書を持って出国後のロビーにあるネパール商業銀行(Rastriya Banijya Bank)の
 カウンターで手続きをします。map 詳細(英語) map 詳細(翻訳)

入園料・入域料
国立公園入園料・保護区入域料
エリア名
外国人料金
SAARC国籍者料金
ネパール人
サガルマータ(エベレスト)国立公園、
ランタン国立公園、ララ国立公園
Rs.3000+VAT13%/回
付加価値税プラス
Rs.1500/回
付加価値税プラス
無料
ポーターはRs.25
アンナプルナ保護区、マナスル保護区
Rs.2000/回
Rs.200/回
-
ガウリサンカール保護区
Rs.2000/回
Rs.200/回
-
カンチェンジュンガ保護区
Rs.1000/回
Rs.200/回
-
チトワン国立公園
Rs.1500/日
Rs.750/日
Rs.100/日

入場料(訪問期間中有効:長期滞在の場合は別途申請すれば長期間許可される場合がある。写真が必要。)

・スワヤンブーナート寺院:Rs.200
・ボーダナート寺院:Rs.150(1週間は通用するので複数回入場する場合は必ず領収書を貰うこと。
・パシュパティナート寺院エリア(寺院内には入ることは出来ません):Rs.500
・カトマンズ旧王宮エリア:入域料500+博物館入館料250:Rs.750 休館日:火曜日・祝日。
・ナラヤンヒティ王宮博物館:Rs.500 休館日:火・水曜日・祝日 2009年2月26日開館。
・パタン旧王宮広場:Rs.500 スンダリチョーク近くに支払所あり。
・パタン博物館:Rs.250 (併設のレストランだけ利用の場合は入館料は不要で入店可能)。
・バクタプール旧王宮広場:Rs.1100

・チャングナラヤン(バクタプル):Rs.100

*SAARC国・・・[South Asian Association for Regional Cooperation] 南アジア地域協力連合。1985年発足。
ネパール、インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカ、ブータン、モルジブ、アフガニスタンの8カ国による地域機構。

インドビザ(6ヶ月マルチプル観光ビザ)郵送取得(2015年4月1日より申請先変更) map リンク
 アライバルビザの発給手続き変更。事前に申請する必要あり。料金は30日シングルで60米ドル。手続きやビザ費用を考えると郵送取得が安くて簡易だと思います。詳細map インド内務省
上記内容は変更される場合があります、最新の情報は在日本ネパール大使館旅行社等でご確認下さい。
Thursday, April 2, 2015 更新
Back
Copyright